かわいい愛し子たちの、なんでもなくて、のほほんな日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰斗とコクシ:その2
2008年11月09日 (日) | 編集 |
お薬をちゃんと飲んでいるのに、軟便が治まらない灰斗。

おかしい・・・ので、土曜日に病院に行こうと思って、車に乗せました。

灰斗ときゃら・めるは、別の病院にかかってます。
きゃらもこの日通院があったので、先にきゃらの病院に行きました。
きゃらの先生とお話していたら灰斗の話になって、下痢が止まらないと言うと、
先生が、「一度、診せていただけませんか?」というので、灰斗も診てもらいました。
持っていたウンPを検便してもらったら・・・




「(コクシが)ウジャウジャいます・・・」




ええーー!!?だって薬飲んでたんですよ!どうして??(@Д@;;;

「教材にしたいくらいです。」という先生の言葉に、
私も顕微鏡を覗かせてもらったんですけど・・素人目にも分かる。ホントにいっぱい。


今までの灰斗の苦労は・・・?
苦いのがんばって毎日飲んだのに・・・


結局、灰斗のコクシ治療は、一からやり直しになってしまいました。orz
ごめんよ、灰斗。ねーね、病院を選び間違えた・・・。
寒くなってきたものね。早く皆と(というか、ねーねと)一緒に寝たいのに、
またしばらく、灰斗ひとり隔離の日々が続くことになっちゃいました。

くっそー・・・
灰斗の2週間を返せーーーー!!!(`皿´#)ユルサン!!


灰斗:「灰斗、ケージに戻りたくないんだけど・・・」
hyde081107.jpg

ねーね:「ごめんね、灰斗。・・・もうちょっと我慢して。(´Д`|||) 」

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
灰斗くんコクシがなかなか消えなくて大変ですね。
完全隔離も難しいでしょうし、お医者も当たり外れがありますし…
うちの猫を保護した時コクシがうじゃうじゃいて、顕微鏡で見せてもらっているまさにその時に細胞分裂なんかしちゃってました。
2週間の服用は灰斗くんにとっても辛いでしょうね><
「1粒飲んだら全滅よ♪」みたいなお薬が開発されるといいのにって思います。

お薬をキャンディーコートする事や、アニマルコミュニケーターさんとのセッションなど大変勉強になりました。
ありがとうございます^^
2008/11/11(火) 12:50:25 | URL | 猫山 #WGGLGstU[ 編集]
>猫山さま
コメ、ありがとうございます。
「1粒で全滅」なお薬、せつに願っちゃいます(><)

セッション後の灰斗は、精神的にとても落ち着いていて、他の子たちに怒ることもなくなり、
今ではケージ越しに手を出して遊ぼうとすらするようになりました。
運動不足も気になるし、早くフリーにしてあげたいです…
2008/11/11(火) 14:44:26 | URL | ゆん #saP5NxKk[ 編集]
あれま(>_<)
大変な思いをしてねーね特性のお薬飲ませてたのにね~v-399

早くグッバイコクシでみんなと一緒に遊べるようになるといいねぇ~
2008/11/13(木) 00:36:06 | URL | ニャンママ #-[ 編集]
ホントにねー。
最近の灰斗は、他の子にやたら怒ることも無くなって、
ケージの中からときどき手を出して、ちょっかいをかけることも
あるだけに、いつまでも続く隔離状態は、かわいそうになります(T-T)
2008/11/14(金) 13:36:49 | URL | ゆん #saP5NxKk[ 編集]
ありゃ・・・
なんか同じようなコメ反ししちゃいましたね。。。すみませんv-12
2008/11/18(火) 13:27:57 | URL | ゆん #saP5NxKk[ 編集]
土壇場でした
2月生まれの雄の柴龍君と4月から同居し始めました。先住者の8歳になる雄の柴ジュンちゃんは元気一杯の新参者に ちょっと 迷惑顔でしたが、仲良く暮らしたおりました。しか~し、悲劇は9月に突然起こりました。 あんなに元気一杯だった龍君が酷い下痢。慌てて近所の獣医さんに連れて行くと「ラセンキンが増殖していますねー。」と言う事で当然 処置をしました。1週間程で再度検便「ラセンキン消滅しました。後はビオヘルミンで腸内環境を整えましょう」。。ほっと安心して1週間分のお薬を飲ませていた最後の日。ピーピーの水便の嵐。ぐったり動かない。動けない。寝たままピーっと排便してしまう程の最悪の状況です。これは普通じゃないずぉ!っとちょっと遠いけど老舗の獣医さんに早朝緊急来院。顔色は分からないけど、歯茎、目の内側の色を見るなり、「白い」と異常に気づき血液検査で何と・・・肝機能が異常に上昇。黄疸、脱水症状。緊急入院すること1週間。その後退院するも再発すつやらの再入院で生きた心地もしなかった自宅療養生活です。。。が  退院して3日もすると 下痢。又入院。退院。下痢。通院。下痢。通院。下痢。「どうして 下痢が治まらないんだろうか」と私の体力と精神力の限界との戦い。毎日毎日「下痢です、治りません」とめげずに通院し続けたかいあって、本日、検便により、コクシジウムが発見されたのです。敵がわかれば戦いようもあるという物。病原菌が発見されたのに妙に明るい気分。今まで可哀想で泣きに泣いて面倒診てきたのです。やっと光が見えました。薬を一変し・・さーーっ!やっつけよう!!  もっと早く検便していたら・・・最初の病院で発見してくれたら・・素人でも  普通見つけろよ”と 腹立たしい気持ちは当然あります。ありますが・・・あえて 今は言うまい。前向きに 龍君が元気になってくれたら それでいい。そう思うのです。先生方 しつこい私に嫌顔せずありがとう。。。それにつけても・・・医療費30万・・・貧乏飼い主には・・・厳しい現実でした。今日から 新たな戦いのはじまりじゃーー。皆さん かわいい子を守るのは飼い主の愛情としつこさです。がんばりましょー。
2008/11/29(土) 21:52:34 | URL | pokota #wjUPCR1w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。