かわいい愛し子たちの、なんでもなくて、のほほんな日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰斗の病気
2008年12月08日 (月) | 編集 |
灰斗の血液検査の結果が出て、

『FIP(猫伝染性腹膜炎)陽性』そして『発症』。

現状、腹水や胸水などの症状は出ておらず、
『ドライタイプ』という診断が下されました。

これを受けて、予定をしていた内視鏡検査などはすべて中止して、
・ステロイド
・抗生物質
・インターフェロン(週一)
の投薬治療に切り替えました。

入院中に保育器に入っていたおかげもあって
呼吸の苦しそうな感じは、だいぶ治まっているので、
自宅でゆっくりする方がいいだろう・・・ということで、
土曜日(6日)に退院してきました。

FIP陽性ということなので、当然隔離生活になります。
灰斗は、うちに来てから、もうずっと隔離なのね・・・

久しぶりにケージに、戸惑い気味の灰斗。
久しぶりの灰斗に、混乱気味のその他のニャンコ。
目が合えばお互いに「シャー!」って・・・Σ(|||Д||| )

おまけに、食欲の落ちている灰斗には、a/d缶入りの
特別食を用意しているので、外野がうるさい、うるさい・・・orz

これでは、灰斗がちっとも落ち着けないと思い、
日曜日に一大発起して、3畳のカメ部屋を整理。
灰斗のためだけの、『灰斗ルーム』に模様替えしました!

この3畳の部屋は、うちで一番日当たりのいい部屋です。
おまけにリクガメのために、部屋の温度は20度~25度を
常にキープするように設定してあります。
どこでも寝転げるように、いたるところにフリースや毛布を敷き、
その内の一箇所には、電気アンカを敷いてあります。

入ったことのない部屋に、これまた戸惑い気味の灰斗に、
「ここ全部、灰斗だけの部屋だよー。ゆっくりしていいんだよ」と
何度も何度も話しかけると、しだいに落ち着いてきて、
夜ご飯は、誰にも邪魔をされずに、ユッタリと完食。
寝る前には、足を投げ出して、グルグルと喉を鳴らしながら就寝。

腰の痛みもなんのその。
灰斗がうれしそうで、ねーねはうれしい限りです♪

お日様をいっぱい浴びて、ヌクヌクとゆったりと、過ごそうね。
ご飯もいっぱい食べて、体重も増やしていこうね。

ゆっくり、ふっくり、生きていこう・・・ね。灰斗。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。