かわいい愛し子たちの、なんでもなくて、のほほんな日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枸杞のアレルギー
2009年10月21日 (水) | 編集 |
先日コメントでも少し触れていますが、この入院中に
枸杞さん、アトピーを発症してしまいました。

いつものように面会に行って、ヘソ天で甘える枸杞を撫でていて
「あれ?なんか赤いポツポツ?毛も抜けてない?」と気づきました。
(病院側は気づかなかったらしい・・・)

アレルゲン検査の結果、『リンパ球反応検査』では異常はありませんでしたが
『アレルゲン特異的IgE検査』は・・・・40項目中13項目が、“陰性”
つまり、残りの27項目に、陽性または要注意という結果に。



陽性反応(赤字)はコナヒヒョウダニのみですが、
要注意(青字)がこんなに・・・
陰性とされた中でも、50ng/mlを越えているものは、オレンジにしてみると
本当に陰性な項目(黒字)は、7項目だけです。

雑草、牧草系は全滅。草むら厳禁。
食べても大丈夫なのは、卵と牛乳とシシャモだけ。

・・・って、なんじゃそりゃ?(^^;;

大体なんで、食べたこともないであろう[ナマズ]にまで
抗体の要注意反応があるんでしょう???

結論として、
『アレルギー反応しやすい体質』と診断された枸杞。
「これ(アレルゲン)を全部取りのぞく生活をするならば
枸杞ちゃんは無菌室で飼うしかありません。」と先生。

そりゃ、無理です。さすがに・・・(^^;;

なので今は、ステロイドの常備投与と、低分子プロテインの
療法食のみの食事。という対処方法を取っています。
ステロイドを使うことについては、いろいろあるのでしょうが、
この結果を見る限り、手作り食すら難しく思えるので、
今のところは、その処方でいっております。

後々はなんとかしてあげたいけど、アレルギー治療は
一両日中になんとかなるものではないのは、
喘息持ちの私自身が一番よく知っているので、
今は、足の治療を最優先に考えたいと思います。

その足については、また別記にて・・・

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。