かわいい愛し子たちの、なんでもなくて、のほほんな日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枸杞さんのこれから
2009年10月21日 (水) | 編集 |
(長文です。すみません~)

5月に手術を受けた、枸杞さんの左(だと思う・・・)後ろ足。

縮んだ太腿の筋肉の長さに合わせて大腿骨を切り、
膝のお皿(膝蓋骨)と太腿の筋肉の位置を、正常な位置に戻すという、
聞いているだけで力が抜けそうな、大それた処置だったのですが、
足は思うようには伸びませんでした。。。

先生曰く、膝のお皿の位置は戻したのですが、それに付随する
太腿の筋肉が硬く、まったく機能していない上に、もしかしたら
断絶を起こし始めているのかもしれない。と。
「治らないかもしれません。」と、今回はじめて言われました。

ショックで、藁にもすがる思いで、かかりつけの先生に相談すると、
「それは専門医に診てもらった方がいい。」とおっしゃって、
整形外科に強いといわれる病院を紹介してくれたので、
そちらに伺うことに・・・

ところがここで、数々のトラップ(?)に遭遇!

まず、午後の診療時間の30分前には近くまで到着したものの
道に迷って、当の病院にたどり着けない!!

付近をグルグルさまよううちに、ガソリンが無くなってGSに行ったら
財布がない!!

んで今度はコンビニを探す羽目になる・・・

付近到着から1時間以上すぎて、やっとのこと病院に辿りつくも、
すでに待合室はいっぱい。待ち時間は約1時間とのこと。
ところが、待てど暮らせど呼ばれない。。。。。
とうとう待ち時間が1時間半を過ぎ、受付に問い合わせると、
どうやら飛ばされていたらしい。。。

やっとの思いで診察室に通されるも、担当医曰く、「私では無理です。」
でもとりあえず、まずはレントゲンを撮りましょう。となり、
レントゲンを撮って、また待合室で待つ。待つ。待つ・・・つ、疲れる(--;;

1時間ほどして、再度診察室に呼ばれるも、やっぱり院長じゃないと
なんとも言えないという判断。

担当医:「院長のいる時間に来られますか?」
私   :「土日しか無理なんですが・・・」
担当医:「ですよね・・・では一旦枸杞ちゃんをお預かりして
      院長のいる時間に・・・」
私   :「いつならいらっしゃるんですか?」
担当医:「月、木です。。。」
私   :「うーん・・・」
担当医:「うーん・・・」

二人でカレンダーを前にして、うーんうーん唸るばかりで、
解決策が出ないまま、時間だけが過ぎていく。。。

すると・・・

「ただいま~」と奥から、ジャケットを着た初老(?)の男性が・・・

ま、まさか?

え!もしかして??

担当医が小さく、「やった!」とつぶやいて、その方の所に。
「院長、ちょっと見ていただきたい子が・・・」

まさかの院長の登場に、おもわず鳥肌がたちました。
実はこの院長先生、『膝蓋骨脱臼の第一人者』と
言われるほどの方で、今の治療方法のほとんどは
この先生の考案のものだとか・・・

院長先生は、着替える間もなく枸杞とレントゲンをチェックし、
「これは重症だね~。これほどの子は今年一番だよ。」と・・・

そ、そうなのか・・・(--;;

院長先生から、枸杞の足は、これだったらこうすれば大丈夫!と
簡単にいえるような状態じゃなく、私でも作戦を練らないと難しい。
でも、なんとかしてあげたいから、自分に任せて欲しい。
とおっしゃっていただき、私はこみ上げてくるものを
抑えながら、「お願いします!」と頭を下げました。

その後、今までお世話になった先生に連絡をすると、
その先生は膝に関して言うなら、日本一、いや世界一だから
その方に診てもらえるなら、これ以上のことはないです。
と、転院を快諾していただけました。

よかった・・・

それにしても、なんてラッキーな子なのかしら。枸杞は。

この日、まったくトラブルもなく病院にたどり着いていたら、
診察の順番を飛ばされずに呼ばれていたら、
院長先生のお帰りのタイミングに、出くわすことなく
私は枸杞を連れて帰ってしまっていたことでしょう。。。

帰り支度をしていた私たちに、話しかけてくれたAHTさんが
本来ならこの時間に院長は診ないのよ。って教えてくれました。
「この子はラッキーな子だから、きっと幸せになれるわよ!」と。

私もそう思います!!!

長くなってしまいましたが、そういうわけで、枸杞さんは転院し、
11月1日から、新しい病院の方でお世話になることになります。
こちらにはリハビリセンターもあり、術後は私もリハビリの勉強し、
完治を目指して突き進んで行こうと思います!

もちろん“絶対”ということはありませんが、より良い道を
掴むことのできた枸杞を、これからも応援お願いします!!

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
良い医師に出会う事は、本当に大事ですものね!
それも『縁』ですから・・・。
きっと大丈夫!!
2009/10/22(木) 09:43:02 | URL | リトル #7Vwe54W6[ 編集]
読んでいて鳥肌がたち、涙がでました。
ゆんさん本当にありがとうございます・・・
お礼なんか変だけど、でもやっぱりありがとうございます。

私がプラムをセンターから引き出した勇気は、
ゆんさんの行動をブログで拝見していたからです。
それがなかったら、センターの写真なんて多分怖くてみれなかったと思います。
そしたらプラムにも会えてなかったんです。

枸杞ちゃん
よかったね
絶対治るよ。
それに幸せはゆんさんに見つけてもらえたものすごい偶然から
もう始まってるんだから。
2009/10/22(木) 14:32:42 | URL | 桃 #I9hX1OkI[ 編集]
ハラハラしました!
クコちゃん、大変だったんだね・・・涙
長い闘病だったのに、、
でも、また次のいいお医者さんに巡り合えて、よかった!!
偶然がうまく重なったのも、クコちゃんの運命だよね。
うまくいきますように!!

って、ここの病院って、都内のYクリニックじゃないよね?
そこも整形外科専門で一年前ぐーさんがちろっとお世話になったんです。いや、そうだったらうれしいなぁっって。

とにもかくにも、クコちゃん、今度こそ!!
2009/10/23(金) 21:29:32 | URL | ひーまま #jwF.419A[ 編集]
> リトルさん
ありがとうございます!
ホントに『縁』ですね~。
枸杞は良縁を掴むのが得意なようです(^^)
2009/10/26(月) 13:49:18 | URL | ゆん #-[ 編集]
> 桃さん
ぅえ?!私はなにもしてませんよー!!
あ、したか。ガソリン補充し忘れと財布忘れ(爆)
私のドジも、たまには役に立つもんです!
(良い子のみんなは、真似しないように・・・)

「なにがあってもこの子を迎え入れる!」って覚悟は
並大抵のものじゃないですよ。まして先住ワンコもいて・・・
だから、桃さんの方がすごいです!
うちには少なくても、先住ワンコはいませんから(^^;;

桃さんの勇気は、たくさんの人の励みになると思います!
こちらこそありがとうございます!!!
2009/10/26(月) 14:19:21 | URL | ゆん #-[ 編集]
> ひーままさん
今度の病院は遠いので、偶然出くわすことはないかと思いますが、
次に合う時は、ピンッ!と伸びた枸杞の足を見てもらえるように
今度こそ、がんばります!!

ちなみに、都内じゃないです~(^^;;
もそっと遠い・・・神奈川県の病院になります。
11月1日の里親会が沼南開催だったら、
病院に連れて行く前に、寄れたんですけどね~
2009/10/26(月) 14:27:33 | URL | ゆん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。