かわいい愛し子たちの、なんでもなくて、のほほんな日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノラ猫として生きるということ。
2010年06月03日 (木) | 編集 |
ネコ雑誌や某有名動物写真家さんなんかが撮る
街中にいるノラ猫たちの写真。

あれを見て、

「ネコはいいな~、自由で、悩みもなくて」

・・・なんて思ったことがある人は
たくさんいらっしゃるんじゃないかと思います。





本当にそうでしょうか?





写真に切り取られた、ふくふくとしている瞬間。
その瞬間以外のその子の生活は、どうなんでしょうか?
本当に、自由で悩みもないものだと思いますか?















ちばわんのスタッフである杏さんが出会ったニャンコ




「ちなつちゃん」




ちなつちゃんの短い一生の中にも、きっと雑誌写真のような
ふくふくとした時間はあったでしょう・・・

でもどうですか?
ちなつちゃんを見ても、同じようにうらやましいと思えますか?




美しく見えるその瞬間だけに目を向けるだけでは
「ノラ猫として暮らす」という意味を理解することは
できないと思うんです。

私たち人間が、美しい写真で蓋をして、
見て見ぬふりを続けている現実が、
ちなつちゃんです。




ちなつちゃんは、決して特別な子じゃありません。
外で暮らす子達は、いつも危険と隣りあわせで生きています。

病気
寄生虫
怪我
交通事故
虐待
暑さ
寒さ
飢え
乾き

人知れず死んでいくから、気がつかないだけ。
餌をもらえる環境にいたとしても、このうちのいくつかの
リスクがなくなるだけでしかありません。




だからといって、今すぐどうすることもできないのも現実です。
でも、それでも、少しずつでもいいんです。
一人でも多くの人に知ってもらうこと。
そこから変わることもあると思うんです。

「ノラ猫は自由で幸せ」

なんていう考えは、改めていかないと・・・。
ちなつちゃんのような子が、一匹でも減るように・・・。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。